貨幣の価値は日夜変わる

1ドル80円を切るという歴史的円高が定着してしまった感があります。
輸出企業にとっては厳しい日々が続いています。
逆に輸入企業にはこんなチャンスはありません。

たとえば、5年前まで105円前後だったものが80円と25%も安くなっているのです。
一般の人の生活でたとえると、一番わかりやすのがガソリン代です。
5年前だったら、おそらく180円近くになっていると思います。
しかし、140円前後にとどまっているのは、円高のおかげなのです。
このように円高か円安かによって、ある人は得をし、ある人は損をするというのは、誰でもわかると思います。
では、物の売り買いではなく、ただ100ドルを持っていたとしましょう。
5年前であれば10500円に換金できたのですが、今は8000円にしかなりません。
ドルの価値が2500円も下がったことがわかると思います。
これが100ドルではなく、もし1万ドル持っていたとしたら25万円も損をすることになります。

何もしていないのに、勝手に貨幣に価値が下がるというのは、普通の人にはなぜ?
と首を傾げたくなることでしょう。
為替は24時間売り買いがなされ、そのため日夜変動しているのです。
しかし、この為替の変動をうまく利用することによって、逆に大きな利益を生み出すチャンスもあるのです。
実際、この為替の変動を利用し、貨幣の売り買いをすることで、日夜利益を上げている方法があるのです。

それがFXと呼ばれるものなんです。
FXは特別な資格がなくても、誰でもできます。
興味のある人は、まずFXの仕組みの基本を理解することから始めると良いでしょう。

line